博物館めぐりに役立つものとは?

私の今までの、博物館めぐりの中で、一番心に残っているのは、エジプトの考古学博物館とイギリスの大英博物館です。

心に残っている博物館めぐり

博物館めぐりに役立つものとは? 私は、今まで色々の博物館めぐりをしてきました。その中で一番心に残っているのは、エジプトの考古学博物館とイギリスの大英博物館です。高校で世界史を勉強した時から、どうしても一度、ぇ時太へ行ってピラミットやスフィンクス等の遺跡を見てみたいものだと思っていました。今の高校生は、修学旅行などで海外へいとも簡単に出かける時代です。でも、私の高校時代は、戦後、間もない頃でしたから、外国旅行などは、夢のまた夢でした。それでも、私は、エジプトへの夢を、ずっと持ち続けていました。でも、その夢が実現するのは、何と40年後のことになるのです。エジプトでは、ピラミットの他にも、スフインクスや王家の谷や、ツタンカーメンの墓など、沢山の遺跡を見て回りました。

カイロの考古学博物館では、ツタンカーメンの棺や黄金に輝く仮面等に圧倒されて言葉も出ないほど感動したものでした。しかし、他のミイラなどは、あまり数多くはありませんでした。エジプトで見た何もかもが、スケールが大きくて、只々感動したのでした。エジプトの帰り、イギリに寄りました。大英博物館を見学するためです。大英博物館では、言葉を失うくらい驚きました。エジプトでは見られなかった、ミイラが沢山展示されていたのです。もう只々圧倒されてしまったのでした。エジプトのミイラ等を見るためには、カイロの考古学博物館と大英博物館の二つの博物館めぐりをしなければならないのだということが、よくわかりました。是非、もう一度、二つの博物館めぐりをしてみたいものです。

Copyright (C)2017博物館めぐりに役立つものとは?.All rights reserved.